M16A

About

スズキのM型エンジンのテンロク仕様。テンゴのM15Aをロングストローク化したものらしく、中低速トルクが太い。高回転型の4A-Gとは真逆の特性である。

「JWRCで世界最強のテンロクエンジンと言わしめた……」などとモンスタースポーツのサイトには記述されているが、JWRCのスイフトスーパー1600に搭載されていたM16Aは、M13Aをビミョーにストロークアップ、そして大幅にボアアップを施したショートストローク高回転仕様なんだとかそうじゃないとか。
同じM型とはいえ、別物と考えたほうがいいのかもしれない。

どうせVTECには勝てないんだから。


ちなみにM16A史上最強のZC32S用は、従来と比べて構造がだいぶ違うらしく、エンジンマウント位置すら違うらしい。
というような理由から、HT81SやZC31SにZC32S用エンジンは換装できない。
また、6速ミッションも流用できない。

ホンダのB型とかトヨタの4A-G系列と比べるとどうも汎用性に欠ける……


現在はエスクードのノンターボグレードや、SX4に搭載されている。

が、4代目(スズキ的には3代目らしいが)ZC33SスイフトスポーツにはK14C型1.4L直噴ターボエンジンが搭載されることになったため、ハイオクガソリン仕様は生産終了。

  • 最終更新:2017-10-19 15:11:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード